川口市と守谷市で交通事故に強い弁護士事務所

失業中に発生した交通事故で、逸失利益が認められ、賠償額が当初の提示より4倍以上に増額した事案

トップページ > 失業中に発生した交通事故で、逸失利益が認められ、賠償額が当初の提示より4倍以上に増額した事案

ご相談内容

被害者 40代 会社員 男性
部位 鎖骨
傷病名 鎖骨骨折
後遺障害等級 14級
獲得金額 330万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14
入通院慰謝料 75 139 64
休業損害 0 0 0
逸失利益 0 81 81
後遺障害慰謝料 0 110 110
合計 75 330 255

事故・怪我の状況

原付バイクで十字路を直進中に、右折車線から車線変更してきた車両と接触し、鎖骨を骨折する怪我を負われました。

解決までの流れ

相手方保険会社から提示された示談金が妥当なのかどうか知りたいと当事務所にご相談くださいました。弁護士が示談書を確認したところ、慰謝料の金額が低く算定されておりました。

また、お怪我の状況から後遺障害の等級申請をお勧めし、申請に関するサポートを行い、14級9号と認定されました。

ご依頼者様が失業中に発生した事故であった為、逸失利益が争われる可能性がありましたが、過去の裁判例等を調査し弁護士の交渉の結果、逸失利益を含め当初の提示の4倍以上の金額で示談をまとめることができました。

通話無料
まずはお気軽にご相談ください
平日10:00 - 19:00 定休日土日祝
ご相談予約フォームはこちら

埼玉県と茨城県2つのオフィスで無料相談実施中

  • 川口事務所 JR京浜東北線川口駅徒歩2分
  • 守谷事務所 関鉄常総線・つくばエクスプレス守谷駅徒歩2分
Copyright © 2020 弁護士法人翠 交通事故サイト All Rights Reserved.