JR川口駅すぐ近く 交通事故に強い弁護士事務所

保険会社の提示する賠償額や担当者の対応に納得がいかない場合

トップページ > 保険会社の提示する賠償額や担当者の対応に納得がいかない場合
交通事故の被害者になった場合には、加害者側の保険会社と示談交渉を行うことになります。しかし、実際のところ、保険会社の提示する額や担当者の態度が不満という話はよく聞きます。保険会社の対応に納得ができない場合でも、妥協する必要はありません。まずは、弁護士にご相談ください。

保険会社は賠償額を低く抑えようとします

交通事故で、加害者側の保険会社は、加害者に代わって賠償金を支払う立場になります。保険会社は自社の基準で損害賠償額の計算をし、被害者に提示してきます。

ここで、もし賠償額が多くなれば、それだけ自社の負担が増えることになりますから、保険会社は賠償額を少なく見積もっているのが通常です。保険会社も営利企業ですから、できるだけ自社に有利になるように金額を計算するのは、ある意味当然のことなのです。

自動車保険は、自賠責と任意保険の2階建て構造になっており、自賠責でカバーされない部分を任意保険会社が支払うことになります。

保険会社としては、できるだけ自賠責の範囲内におさめたいと思っていますから、提示される賠償額は自賠責基準とさほど変わらないこともあります。

つまり、保険会社の申し出にしたがってそのまま示談してしまうと、自賠責で定められた最低限度の賠償しか受けられない可能性があるのです。

一旦示談すれば追加の賠償金は請求できません

保険会社の担当者は、「当社の基準ではこの金額が限度となっており、これ以上は支払うことができません」などと説明することもあります。

しかし、裁判になった場合には、保険会社の提示額の2~3倍の賠償額になることも珍しくありません。

よくわからないまま示談してしまえば、それ以降は追加で賠償金を請求することは原則としてできません。

保険会社の提示額に納得がいかなければ、そのまま示談するのではなく、まずは弁護士に相談するようにしてください。

当事務所の弁護士は簡単に譲歩しません

当事務所にご依頼いただいた場合には、弁護士が労をいとわず細かい損害額まで算定し、適正な損害賠償額を保険会社に請求します。裁判所基準に限りなく近い水準で示談が成立するよう、保険会社と粘り強く交渉を行います。

交渉がまとまらない場合には、費用対効果とご依頼者様のご希望を十分考慮したうえで、訴訟を行います。

被害者の方が保険会社の担当者と示談をするのは、大きなストレスになることもあります。保険会社との交渉を弁護士に任せることで、ご依頼者様は治療やリハビリに専念することができます。

今後の不安を少しでも解消するため、示談交渉は弁護士にお任せください。

保険会社の対応でお困りならぜひご相談ください

弁護士に依頼すれば、その日から保険会社の担当者と直接やりとりする必要がなくなります。心理的負担が軽減されることになるのが何よりのメリットです。

交通事故の被害に遭って、保険会社対応で悩んでいる方は、迷わず弁護士にご相談ください。

通話無料
まずはお気軽にご相談ください
平日10:00 - 19:00 定休日土日祝
0120-852-043
ご相談予約フォームはこちら
Copyright © 2018 弁護士法人翠 All Rights Reserved.