JR川口駅すぐ近く 交通事故に強い弁護士事務所

過失割合はどうやって決まっている?納得がいかない場合の対処法

トップページ > 過失割合はどうやって決まっている?納得がいかない場合の対処法
交通事故で保険会社から提示された過失割合に納得しないことも多いのではないでしょうか?過失割合は、保険会社が決めていますから、被害者側に不利になっていることもあります。できるだけ多くの賠償金を勝ち取るためには、過失割合についても妥協すべきではありません。

交通事故の過失割合とは

交通事故の被害者になった場合、被害者側の保険会社から損害賠償金を受け取ることになります。被害者側に全く過失のない事故であれば、100%被害者ということで、賠償金の全額を払ってもらえるのが原則です。

しかし、実際には被害者側にも何らかの落ち度があるとされ、その過失分だけ賠償金が減額されることが多くなっています。

加害者、被害者の双方がその事故に対しどれだけ責任があるかという責任の割合を過失割合といいます。

過失割合は誰がどのようにして決めている?

交通事故が発生したときには、まず警察が駆けつけて実況見分を行いますが、過失割合は警察が決めているわけではありません。

警察には民事不介入というルールがありますから、民事上の問題である交通事故の過失割合の決定には警察は干渉しないのです。

過失割合は、事故現場や実況見分調書を見た保険会社が、過去の裁判例にもとづき、「この事故なら○対○くらいだろう」と判断しています。

しかし、過去の裁判例というのは1つの目安にしかならないはずです。

というのも、交通事故の場合には全ての条件が全く同じということはなく、ケースバイケースの判断が必要になるからです。

被害者にとって不利な過失割合が出されることも多い

過失割合について知識がなければ、保険会社に提示されても、そんなものかと思ってしまいがちです。

しかし、加害者側の保険会社は、できるだけ賠償金額を抑えたいものですから、過失割合についても加害者側に有利になるように見積もっていることが多いのです。

そのまま示談してしまえば、本来受け取れるはずの賠償金額を受け取れないことにもなってしまいます。

過失割合に納得がいかない場合は?

保険会社に提示された過失割合に納得がいかない場合には、弁護士にご相談ください。

弁護士は過失割合についても保険会社と交渉します。被害者の方にとって少しでも有利な過失割合になる可能性がある限り、事故について詳細に調査し、適正な過失割合で示談できるよう保険会社と交渉を進めていきます。

過失割合で妥協することなく、最大限の賠償金を獲得できます。

通話無料
まずはお気軽にご相談ください
平日10:00 - 19:00 定休日土日祝
0120-852-043
ご相談予約フォームはこちら
Copyright © 2018 弁護士法人翠 All Rights Reserved.