JR川口駅すぐ近く 交通事故に強い弁護士事務所

後遺障害等級認定後の法律事務所の選び方

トップページ > 後遺障害等級認定後の法律事務所の選び方
後遺障害認定申請をしたけれど、認定結果に納得がいかなくて弁護士への相談を考える方もいらっしゃると思います。後遺障害等級認定後の弁護士選びで注意しておきたいポイントを確認しておきましょう。

認定された等級を精査してくれるか

後遺障害等級認定後の依頼者に対しては、まず、弁護士が認定された等級が適正であるかどうかの判断を行うべきです。

特に、保険会社を通じて事前認定を受けたケースでは、不当に低い等級に認定されていることもあり得ます。

等級が違えば受け取れる賠償金の額も大きく変わってきます。適正な賠償金を受け取るために、まずは等級が上がる可能性を判断することが重要になってくるのです。

後遺障害等級認定後に弁護士に依頼するなら、等級認定の結果について適正かどうかの見直しからきちんと行ってくれる事務所を選ぶことが何より大切です。

異議申し立てに対応してくれるか

後遺障害の認定結果に対しては、異議申し立てをすることが可能です。認定結果が納得のいかないものである場合には、そのまま示談交渉を進めるのではなく、異議申し立てから行ってくれる事務所を選びましょう。

不当な認定結果になったのは、認定申請の際に十分な資料がそろっていなかったことが原因であることが多くなっています。

後遺障害認定後でも、弁護士が労をいとわず可能な限りの資料収集を行ってくれる事務所なら安心して任せられるでしょう。

申請もれをチェックしてくれるか

後遺障害等級認定申請は部位ごとに行いますから、申請した部位で等級認定が得られなくても、他の部位で等級認定が得られる可能性があります。

たとえば、神経症状で非該当になっても、額に傷が残っていれば外貌醜状で後遺障害に認定される可能性があります。

保険会社では、こうした申請を促してくれることは通常ありません。

申請もれもチェックし、必要な対応をしてくれる弁護士を選ぶのが良いでしょう。

訴訟まで行ってくれるか

十分な資料がそろっているにもかかわらず適正な等級認定が受けられない場合、訴訟をすることで等級が上がることがあります。

正当な損害賠償を受けるために、訴訟まで対応してくれる事務所なら信頼できます。

当事務所は妥協しません

当事務所では、等級が上がる見込みがあれば、カルテなど必要な資料を可能な限り集めて異議申し立てを行います。

異議申し立ての際には、医師に頼んで診断書を改めて書いてもらうこともあります。

当事務所では異議申し立てで等級が上がらない場合、見込みがあれば訴訟まで対応します。

ご依頼者様にとって最善の結果となるよう、妥協することなくできる限りのことをしますので、安心してご依頼ください。

認定後に等級が上がるケースもあります

後遺障害等級認定後でも、弁護士に依頼すれば等級が上がることがあります。

そのまま示談交渉に入るのではなく、等級を上げることから真剣に考えてくれる事務所を選びましょう。

通話無料
まずはお気軽にご相談ください
平日10:00 - 19:00 定休日土日祝
0120-852-043
ご相談予約フォームはこちら
Copyright © 2018 弁護士法人翠 All Rights Reserved.