JR川口駅すぐ近く 交通事故に強い弁護士事務所

60代会社員の後遺障害等級1級の事例において、総額1億6000万円の賠償を得た事例

トップページ > 60代会社員の後遺障害等級1級の事例において、総額1億6000万円の賠償を得た事例

ご相談内容

被害者 60代男性
部位 四肢麻痺
傷病名 頸髄損傷
後遺障害等級 1級
獲得金額 1億6000万円

ご依頼者様は、2年以上前に交通事故に遭われ、治療開始から1年半ほどで症状固定となりました。

しかし、今後一生介護が続いていくことへの不安感や、過失相殺の主張をされたこと、また症状固定後の治療費の支払いを拒否されたことなどから、保険会社に不信感を持ち、当事務所にご相談されました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 1級 1級
入通院慰謝料 0 400 400
休業損害 0 0 0
逸失利益 0 4500 4500
後遺障害慰謝料 0 2800 2800
将来介護費用 0 5000 5000
付添看護料 0 300 300
近親者慰謝料 0 800 800
その他 0 2000 2000
合計 0 15800 15800

ご依頼者様がいまだ入院中であることから、当事務所の弁護士は入院先の病院へ出張相談を行い、説明と契約を行いました。それから当事務所の弁護士はすぐに診療記録の取り寄せを行い、後遺障害等級1級認定の確信を得たことから、後遺障害等級認定の申請を行い1級の認定を得ました。

さらに、ご依頼者様が事故当時加入していた保険に人身傷害保険と弁護士費用特約が付帯されていることを突き止め、ご依頼者様加入の保険会社に連絡するとともに保険使用の申請をしました。

また、ご依頼者様加入の保険会社と事前の打ち合わせを入念に行い、訴訟になった場合に加害者加入の保険会社とご依頼者様加入の保険会社がいかなる割合で賠償金を負担するかを確定し、訴訟を提起しました。なお、相談時から事件解決まで、担当弁護士自身が継続的に病院等を訪れ、外出困難なご依頼者様に直接ご説明を行いました。

解決内容

逸失利益や将来介護費用、また過失相殺率がシビアに争われましたが、当方の主張内容が概ね認められる判決となりました。

また、ご依頼者様加入の保険会社と事前の打ち合わせを入念に行ったことにより、加害者加入の保険会社のみならず、ご依頼者様加入の保険会社からも速やかに十分な保険金を取得することができました。

所感(担当弁護士より)

本件は訴訟提起のタイミングや個別の損害の項目に争いが多かったこと、また過失割合も争われるなど、重要な争点の多数ある事件でした。もっとも、担当弁護士が受任当初から時間をかけてでも最大の賠償金を獲得するとの方針の下に綿密に訴訟戦略を立て、ご依頼者様加入の保険会社とも事前協議を重ねて加害者に請求を行ったことで、当事務所の見立て通りの賠償金を獲得することができました。

このような高額賠償事例では、いくつか適用可能な保険がある中での保険適用の順序、後遺障害等級認定のタイミングや方法、訴訟における戦略により、1000万円単位で受けられる賠償金が異なってきます。

このような場合には、かならず交通事故に精通した弁護士のサポートを受けて下さい。

通話無料
まずはお気軽にご相談ください
平日10:00 - 19:00 定休日土日祝
0120-852-043
ご相談予約フォームはこちら
Copyright © 2018 弁護士法人翠 All Rights Reserved.