JR川口駅すぐ近く 交通事故に強い弁護士事務所

60代女性が後遺障害非該当から異議申立により14級を獲得した事案

トップページ > 60代女性が後遺障害非該当から異議申立により14級を獲得した事案

ご相談内容

被害者 60代女性
部位 首、腰
傷病名 頸椎症・腰椎症
後遺障害等級 14級
獲得金額 310万円

ご依頼者様は60代主婦の方であり、信号無視の車両に衝突され、首と腰を受傷しました。6ヶ月間にわたる治療の後、相手方保険会社に進められるまま相手方保険会社を通じての後遺障害等級認定(事前認定)に進みましたが、結果は非該当でした。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 55 95 40
休業損害 0 28 28
逸失利益 0 77 77
後遺障害慰謝料 0 110 110
合計 55 310 255

当事務所の弁護士が、受任してすぐに相手方保険会社の保有する診断書、レセプト、MRI画像等の資料を収集し、検討を行いました。

また、MRI画像については医療画像鑑定を専門とする機関に鑑定を依頼し、事故を原因とする頚椎腰椎の変化を突き止めました。同時に、当初非該当とされた理由について、法律に基づいて詳細な理由を明らかにするように申立を行い、その理由を明らかにさせました。

また、主治医に医療照会を行い、また事故当初からの神経学的所見の推移を記載した書面をもらいました。

以上の調査の結果を踏まえ、非該当とされた根拠を丁寧につぶして異議申立を行いました。

解決内容

異議申立の結果、併合14級の後遺障害等級認定を得ました。そして、併合14級を前提とする和解が行われ、ほぼ請求の満額近い約310万円の解決を得ました。

当事務所にご依頼いただくまでは認められていなかった休業損害も認められ、また逸失利益、後遺障害慰謝料もほぼ請求通り認められました。当事務所に依頼前の提示金額が約55万円程度であったことを考えると、最終解決金額は6倍近くになりました。

所感(担当弁護士より)

本件は、症状固定後のご相談でしたが、画像や診療記録の分析や、医師への問い合わせ等の活動を丁寧に行ったところ、適正な後遺障害等級の認定に結びつきました。

また、専門機関への鑑定費用や弁護士費用についても、全て弁護士費用特約でまかなわれましたので、ご依頼者様は最大の経済的利益を得ることができました。

通話無料
まずはお気軽にご相談ください
平日10:00 - 19:00 定休日土日祝
0120-852-043
ご相談予約フォームはこちら
Copyright © 2018 弁護士法人翠 All Rights Reserved.