JR川口駅すぐ近く 交通事故に強い弁護士事務所

50代会社員の方の死亡事故において、保険会社側の弁護士から過失相殺が主張されたが、過失なしの結果を得た事例

トップページ > 50代会社員の方の死亡事故において、保険会社側の弁護士から過失相殺が主張されたが、過失なしの結果を得た事例

ご相談内容

被害者 50代男性
事案 死亡事故
獲得金額 5800万円

被害者のご遺族は、大切な家族を失ったことでこれからどうすれば良いのかもわからず、当事務所に相談されました。

事故直後であったため、相談時には具体的な問題点は明らかになっていませんでしたが、保険会社と連絡を取るうちに、過失割合、被害者の基礎収入、生活費控除率などが問題となることがわかりました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
過失割合控除 20 0
逸失利益 0 2300 2300
慰謝料 0 2400 2400
近親者慰謝料 0 400 400
葬儀費用 0 150 150
その他 0 550 550
合計 0 5800 5800

担当した弁護士は、当初、刑事責任を問われている加害者の弁護人からの連絡に対する対応、遺族年金等の受給可能な社会保険給付の確認、被害者の各相続人の捜索や各相続人への手紙や連絡などの対応をしました。

また、急を要する当面の葬儀費用や生活費のために、交渉の末相手方の保険会社から多額の賠償金の先払いを引き出しました。さらに、加害者の刑事裁判の訴訟記録の取り付け、被害者の勤務先への裁判手続の協力の依頼等を行った上、訴訟を提起しました。

裁判所ではご遺族の希望に応え、加害者の証人尋問を行い、ご遺族自身も加害者を尋問することができました。

解決内容

交渉の当初から、相手方の保険会社は20%の過失相殺を主張していましたが、当事務所の弁護士が裁判所での訴訟活動を行った結果、加害者側の著しい過失が認められ、過失相殺率は0%と認められました。

さらに、被害者の基礎収入も事故前年の現実収入よりも高い水準で認められました。

さらに一定の弁護士費用や遅延損害金も認められた結果、賠償額としてはかなりの水準での解決を得ることができました。

所感(担当弁護士より)

このような痛ましい事故では、ご遺族の悲しみは賠償金では癒やされることはありません。賠償金だけではなく、事故後の生活や加害者に対する気持ちなど、ご遺族の希望に添うことのできるよう、できる限りの弁護活動を行いました。

一方で、ご遺族の今後の生活や未成年者の学費等のためには、できるだけ高い賠償金を得ることは重要です。この観点からは、十分な金額が認められた判決が獲得できました。

通話無料
まずはお気軽にご相談ください
平日10:00 - 19:00 定休日土日祝
0120-852-043
ご相談予約フォームはこちら
Copyright © 2018 弁護士法人翠 All Rights Reserved.